和歌浦で絶対行くべき! おすすめスポット トップ5

June 29, 2019 9:55 P Published by

ライター 西川成悟
2019/6/29

 

和歌浦(わかのうら)は和歌山市の南西部に位置し、大阪のなんば駅から電車で1時間半で行ける距離にあります。
古くから多くの歌人に愛されてきたエリアで、万葉集(645年〜759年編纂、全20巻に約4,500首が収められています)の中には、和歌浦について詠まれた歌が、13首も収められています!
平成29年度「絶景の宝庫 和歌浦」として、日本遺産に選ばれています。

(情報は記事掲載時点のものです。詳細は公式サイトなどで事前確認することをおすすめします。)

 


第5位:紀三井寺

770年創立、西国33ヶ所の2番札所となる真言宗のお寺です。唐の国から来た為光(いこう)上人が、松の木の下で金色に光り輝く千手観音像を発見して、雨ざらしままではいけないと思い、十一面観音像を彫って納めたのが起源だとされています。2020年は50年に1度の秘仏開帳が行われます。厄除け、開運、良縁、安産などに良いとされるパワースポットです。高さ12メートルの千手観音像は圧巻でした!231段の石段を登った所にある境内からは、和歌浦の景色が一望できますよ。

アクセス

和歌山県和歌山市紀三井寺1201
JR紀三井寺駅から徒歩約10分

開所時間

8:00 – 17:00

参拝料

200円

 


第4位:紀州伝統産業会館 うるわし館

日本の伝統工芸品である紀州漆器は、室町時代(1336年〜1573年)から約600年間続いています。蒔絵(まきえ)による絵付け体験が出来ます!丸いお盆に、細長い筆を使って色を塗っていきます。子どもから大人まで、楽しみながら日本の伝統文化に触れることができます。1階ギフトコーナーでは、可愛らしいお弁当箱や食器など各種お土産の購入が出来ます。

 

アクセス

和歌山県海南市船尾222
JR黒江駅から徒歩約20分

営業時間

10:00 – 16:30

料金

体験は1,500円〜2,500円


第3位:おっとっと広場

和歌浦でランチを食べるならココ!新鮮なシーフードメニューが多数揃っています。和歌浦漁港でとれた「わかしらす」を使った、しらす丼、あら汁をいただきました。あったかいご飯の上に、茹でたしらすと、和歌山の特産品である梅干しがのっていて、その相性は抜群でした!施設内には、和歌浦魚港でとれた魚介類の販売も行われていますので、お土産の購入をオススメします。

 

アクセス

和歌山県和歌山市新和歌浦1-1
JR和歌山駅からバス「新和歌浦」下車すぐ

営業時間

10:00 – 14:00
*土日祝のみ営業

料金

しらす丼 500円
ラーメン 500円
串ほたて 380円
など


第2位:中野BC

和歌山県を代表する日本酒メーカーです。フランスで開催されている KURA MASTER 2017年 プラチナ賞を受賞した「紀伊国屋文左衛門 純米大吟醸」や、2007年に初代グランプリを獲得した「紅南高」など実績のある銘柄が多数あります。酒蔵見学ツアーが開催されており、お酒の仕込みタンクや日本庭園を見ることが出来ます。ツアーの最後には無料/有料の試飲コーナーがありますので、飲み比べしてお気に入りの銘柄を見つけてくださいね。

 

アクセス

和歌山県海南市藤白758-45
JR海南駅から徒歩約20分

営業時間

9:00 – 17:00

料金

見学ツアー無料 *要予約
試飲は、無料と有料があります


第1位:雑賀崎灯台+雑賀崎の街並み

雑賀崎灯台に登ると、周辺の海と島々が見渡せる、圧巻のパノラマビューが広がっています!さわやかな潮風にあたって、とても気持ち良かったです!
灯台に登った後は、雑賀崎の集落を抜けて、雑賀崎漁港まで歩いて行くことが出来ます。10分ほど反対側へ歩くと、「和製アマルフィ」と呼ばれる雑賀崎の美しい街並みを見ることが出来ます。

今回は残念ながら体験出来ませんでしたが、雑賀崎漁港では、漁師さんから直接魚を購入して食べられる市場が開催されています。詳しくはこちらのサイトからご確認ください。

雑賀崎漁業協同組合サイト
http://jf-saikazaki.jp/index.html

 

アクセス

和歌山県和歌山市雑賀崎809-2
JR和歌山駅から和歌山バスに乗車、「雑賀崎遊園」下車、徒歩約15分

 


 

大阪市内から車で約1時間半で行くことができる「和歌浦エリア」おすすめスポットでした!

美しい海岸線の景色や、海鮮などのグルメ、伝統工芸品の体験など、見所がたくさんあります。

みなさんも都会の喧騒を離れて、リフレッシュしてみませんか?

 

和歌山に関する情報を、さらに詳しく情報を知りたい方は、こちらからチェックしてください。

わかやま観光情報

https://www.wakayama-kanko.or.jp/

インスタグラム

https://www.instagram.com/nagomi_wakayama_tourism/

 


和歌浦エリア その他情報

宿泊:HOTEL EPICHARIS

ギリシャのエーゲ海をイメージしたリゾートホテルです。地元の食材を使ったディナーコースが格別でした。

 

食事:みちくさ

海鮮ランチや天然クエ鍋など美味しい料理がたくさんあります。

 

日本酒酒蔵:名手酒造店

創業200年以上の歴史があり、「黒牛」ブランドを心を込めて製造されています。

 

神社・仏閣:紀州東照宮

1621年徳川頼宣によって創建されました。日本遺産に登録されており、「関西の日光」と呼ばれています。

 

神社・仏閣:和歌浦天満宮

964年に学問の神様・菅原道真を祀ったのが始まりとされています。現在の桜門と本殿は日本遺産に指定されています。

 

神社・仏閣:長保寺

創建1000年、本堂、塔、大門は日本遺産に指定されています。

 

庭園:養翠園

紀州徳川家11代藩主・徳川治寶(とくがわ はるとみ)により造営された庭園です。海水を引き入れた池は全国的にみても珍しいそうです。